「INTEGRAL」は、JIVEで発行しているunplugged entertainmentの総合サイトです。
シリーズレーベル「integral」では、次の4種のテーブルトークRPGをコアにした
出版物をリリースしています。

『Gehenna』シリーズ
 グループSNE制作のゲームシステムです。
 アラビアンな雰囲気を持った、独特の世界観を構築しています。
 2003年9月にオリジナル版を制作、2006年2月にセカンドエディションである
 『アナスタシス』をリリースしました。

『真・女神転生TRPG』シリーズ
 アトラスのコンシュマーゲーム『真・女神転生』をTRPG化した、
 スザク・ゲームズ制作のゲームシステムです。
 2004年9月にIIIをベースにした『III-NOCTURN TRPG』を制作、
 2005年7月にI/IIをベースにした『魔都東京200X』をリリースしました。

『Embryo Machine』シリーズ
 グループSNE制作のゲームシステムです。
 ロボットアクションを主眼においた、新感覚ゲームです。
 2007年9月にリリースしました。

『りゅうたま』シリーズ
 テーブルトークカフェDaydream制作のゲームシステムです。
 旅をコンセプトとした、ほのぼのファンタジーです。
 2007年12月にリリースしました。


【シリーズレーベルを「integral」に】
 2003年。『ゲヘナ 〜Gehenna〜』の発売と共に、「ジャイブTRPGシリーズ」を
スタートしました。以来、いくつかの出版物をリリースしていく中で、2006年に
「integral」というコンセプトを新たに設けました。
 そのコンセプトに基づき、総体情報の1つとして専門サイト「INTEGRAL」を
同時に始動。今に至ります。

 そこから1年、2007年7月1日。
 これらコンセプトを更に明快に、
 新たなタイトル投入と、多くの展開を図っていくために、
 シリーズレーベルを「integral」と改めました。


【integralの由来】

 integralとは積分のことです。
 断片情報や条件から総体を算出する手法です。
 私たちは、「これって、TRPGを遊ぶことに似ている」と思いました。

 ・ルールブックなどが提供する世界観や設定
 ・GMたちが作るシナリオ
 ・プレイヤーたちが生み出すキャラクター
 など、それぞれが用意したさまざまな断片情報や条件から、プレイしている世界をより深いものに累加・醸成していく……まさにessence of integralです。

 それぞれが生み出したさまざまな情報から、世界を形成していく……それをコンセプトとしてシリーズレーベルとしました。

 なかでも、周回積分(contour integral)という手法は閉曲面などの「定まった領域」を算出します。
 これが「ルールによって作られた世界」を想起させるため、レーベルイメージに最もふさわしいと考え、ロゴタイプもその記号「刀vを象りました。